第10回記念 知半アート The 10th anniversary project of Chihan Art, “The Voice of Sumi”

第10回 知半アート「墨のこえ」   2022年11月1日(火)~12月4日(日)
                                                  毎週水曜~日曜(初日11月1日は開館)11am~5pm

墨というと、私たちは何を連想するだろう? 来る11月、文化的出自の異なる3人の墨アーティストが「知半庵」で交差する。彼らの作品を五感で受けとめると、、、「墨のこえ」が聞こえる?

近来、墨のパフォーマンスや書の展覧会が海外でもさかんですが、いわゆるジャパネスクではなく、メディアとしての墨の原点を見つめるアーティスト3人を選びました。彼らが知半庵の室内・庭でただならぬ邂逅を果たします。アート散歩ができるスリリングな展示。
文化、教育、言語、墨との関わり、表現も異なる青木一香、アラン・ラオ、ドミニク・エザール。3種の大いなる文化交差にご期待ください。

予約1200円・当日1500円 トーク日は予約1700円・当日2000円*子供は高校生はどの日も無料   
 *他の日の来場者で、別にトークのみ聞きたい場合は当日500円で入場できます。
予約問合:izu.chihan-art@outlook.jp 電話090-8306-9766 fax専用 0558-76-2084      
主催:知半アートプロジェクト委員会+チーム知半 企画:あわやのぶこ 展示監督:山口和美
協賛:深瀬菓子店 水谷石材 古藤田商店 伊豆中央ロータリークラブ 中豆建設  
   篠木学園・桜が丘幼稚園
 

後援:伊豆の国市 伊豆市 伊豆の国市教育委員会 アメリカ大使館
   FMいずのくに 伊豆日日新聞 静岡新聞社・静岡放送 静岡朝日テレビ
協力:静岡県立韮山高等学校 アート設置:HADANO 協力協賛(関西):神田稔 神田祥子

3人の作家 
Ikkou AOKI 青木一香  静岡県在住 日本人作家 
書家の家に育つが、東京藝術大学油画科に学ぶ。作家として静岡の現代美術を牽引するのみならず、美術教育の重要さを自ら感じ、沼津に絵画研究所を設立。多くの作家を育てたことで知られる。儚さ、漂い、墨の宇宙。最新作の立体は、高く渡された太い梁から設置される。

Alan Lau アラン・ラオ ワシントン州在住 アジア系アメリカを代表する詩人・墨絵画家         カリフォルニア大学サンタクルズ校の学生時代より詩作発表。京都で片桐ユズルと親交を持つ。J・ポロックさえ彷彿とさせる墨の抽象画。今回は、ユーモア溢れる日常の小作品も展示する。

Dominique HEZARDドミニク・エザール 神奈川在住   書/現代美術を同時進行  フランス人作家    
ブレスト美術学校で学び、紙を使う作品を手掛ける。1980年から書道を始め、文科省奨学金を得て再来日。現在は「書道一元會」木村破山会長の下で研鑚を積んでいる。今回、野外では、木々に和紙を貼るインスタレーションを、室内では、一筆で書いた鴨長明「方丈記」の冒頭と山岡鉄舟の書との対話的展示も行う。

ギャラリー・トーク
11月13 日(日)2pm ミニク・エザール 聞き手:あわやのぶこ
                             
11月20日(日) 2pm 知半アートについて 話し手:山口和美(展示ディレクタ)+庵主あわや
11月23日(祝・水)2pm 青木一香    聞き手:白井嘉尚(静岡大学名誉教授)
11月27日(日)2pm 詩の朗読アラン・ラオ(英語)特別出演:片桐ユズル(日本語)
       *アランの来日はコロナ状況の政府入国管理によるため、日米オンラインの可能性あり
問合せメール izu.chihan-art@outlook.jp   電話 090-8306-9766  FAX専用 0558-76-2084