第8回 知半アートプロジェクト 来る11月開催!Chihan Art Project vol.8 will be held from November 3rd !

六田むだともひろ写真展「記憶のかけら 」SHARDS OF MEMORY
 photographic installation by Tomohiro Muda  

――非日常の「モノの記憶」と日常に棲む「イシの記憶」:日常と非日常の間で――
2011年東日本大震災の日々に残されたモノたちを写真家・六田知弘が一つ一つを画用紙の上に置いて撮る。意図なく残されたモノの写真が屋内に埋め込まれる。屋外では、日常に潜む石の写真が点在する。非常時と日常。記憶の箱ともいうべき江戸時代の「知半庵」でモノとイシの写真による、記憶を問う設置アート。
2just2834                                                        Shards of Memory, 2017, a photographic installation at
Chihan Art Project.  Image ⓒ Chihan Art Project and MUDA Tomohiro.

11月3日(祝・金)から12月2日(土)までの毎木・金・土・日 及び11月20、21、22日開館

トーク:11月18日(土)1:30 pm~ 出演:六田知弘(写真家)・玄侑宗久(作家・禅僧)
*オープニングの5分間、クリストファー遙盟がハワイより尺八「たむけ」をskype演奏します。
開館時間 上記日の11am~5pm(入館は4pmまで)

場所:登録有形文化財「旧菅沼家住宅:知半庵」 *駐車場あり
入場:予約1,500円(トーク日11月18日のみ予約2,500円) *小・中・高校生は無料
   当日1.800円(トーク日11月18日のみ当日2,800円) 大学以上の学割は各500円引き
企画主催:知半アートプロジェクト委員会         *ふじのくに芸術祭協賛事業
協賛:静岡県文化財団ふじのくに文化プログラム推進事業助成・伊豆中央ロータリ―クラブ
   
加和太建設
・鈴木工務店・古藤田商店・共同開発・プライムホーム
   篠木学園 / 桜ヶ丘幼稚園・ハルマンハープ時枝教室
Du・東京女子大学有志愛の会
   
菅沼徹心基金

後援:伊豆の国市・伊豆の国市教育委員会・
FM いずのくに・伊豆日日新聞・静岡新聞 / 静岡放送
          公益財団法人静岡県文化財団   
制作協力:中川ケミカル 展示協力:山口和美  野外設営:
Hadano.Yes
協力:
3.11時のイコン東日本大震災の記憶実行委員会・伊豆の国市立大仁小学校・静岡県立韮山高等学校(美術部、写真報道部)・グローバル文化交流協会・(一社法人)未來へのメッセージ舎

Shards of Memory, 2017, a photographic installation at 
Chihan Art Project.  Image ⓒ Chihan Art Project and MUDA Tomohiro.takeyabuDSC_3189

« Old post